頑張る結婚相談所をサポートします。株式会社日本成婚ネット(JMN)

  • 大 阪 06-6131-5522
  • 九 州 092-738-5621
サクラブライダル
京都の結婚相談所・婚活ならSAKURA BRIDAL
カウンセラーブログ
男の婚活!必見!デートで失敗しない為の心得
2017年09月29日

男の婚活!必見!デートで失敗しない為の心得

京都の結婚相談所・婚活ならサクラブライダル
代表の船越博文です。

多く男性は、好きな女性に喜んでもらおうとデートのプランを考えますよね!

今日は、水族館に行って、美味しいレストランに行って…と、素敵ですよねー。

しかし、デート中の男性の行動で、気付かないうちに、失敗している事があるんです。

例えば、『今日は彼女に水族館の展示物をすべて見せてあげよう』とか、『海沿いの道って雰囲気いいし、次のレストランまで歩いて行こう』とか、楽しませてあげたい気持ちが強過ぎて、ついつい見落としてしまっている事があるんです。

ちょっと男性にはビックリ‼︎
な話しですが…

デートを終えた女性会員さん

「長時間歩かされて最悪でした〜」と…

『エッ?なんで?』ですよね!

今回の場合、「休憩も無いまま水族館をぐるぐる歩かされた」とか、「レストランまで一駅や二駅くらい平気で歩かされた」とか…

ここで注目したいのは、すべて「~された」になっていることです。

言い方はオーバーかも知れませんが、「~された」女性は被害者の気持ちになっているのです。

「疲れたし、チョット休みたいなあ」とか言えない女性側にも問題があると思いますが。

これは、ブログの『察して欲しい女性』vs『言って欲しい男性』でも、お話ししてますが、
男性にも「察する」ことを求めてしまうのですね。

ところが、多くの男性はそんなこと気付けないですよね。
女性がどう思っているかなどおかまいなしに、

『今日は、このプランで行く』

その目的を果たそうとするわけです。

その目的を達成するのが、男性が考えるデートなんですね。

しかし、そこには相手がどう思っているのかが、見事なまでに抜けてしまってるんです。

だから、女性の足が痛かろうが、喉がかわいていようが、おかまいなし。

もちろん、悪気があるわけではありません。

ただ、気がつかないだけ・・・。

要するに、【目的達成のために行動する男性】と【目的よりプロセスを大事にする女
性】という具合です。

この違いは大きなもの。

このことを知らないと、せっかくのデートが台無しになりますよ。

逆に、このことを解って行動すれば、素敵なデートに…(^-^)

お相手を気遣える事が一番大事です!

悩める男性・女性の皆様
あなたの婚活の悩みお聞かせください(^-^)

当社ホームページ